ラティース

MENU

まつげ育毛剤 ラティース

 

2009年1月の発売と同時にハリウッドセレブの間で爆発的な人気を呼び、今や世界的に話題となっているまつ毛育毛剤です。

 

ラティースの効果

 

ラティースは、世界で初めてFDA(米国食品医薬品局)が医薬品として認可したまつ毛育毛剤です。FDAは日本でいう厚生労働省にあたるところで、国が効果を立証している医薬品ということになります。

 

医薬品ですので、臨床試験において十分な効果が確認されています。その臨床試験で使用した78%の方にまつ毛の長さ、太さについて高い効果が確認されています。

 

ラティースはビマトプロストという、まつ毛を濃く太く長くする作用がある成分を主要有効成分としているからです。ビマトプロストを含むものと含まないものとで臨床試験を行い、比較しました。

 

すると、試験を開始してから16週目で、ビマトプロストを含むものを塗った方が、含まないものを塗った場合より4倍の効果がありました。また、ラティースを使った臨床試験において、年齢が高くなるにつれて効果が高くなっていく結果が出ています。

 

具体的には、45歳未満では約67%、45歳以上~65歳未満では約83%、65歳以上では約91%もの効果がありました。ラティースには、年齢とともに弱くなるまつ毛の毛根に対して効果が強く働いているようです。まつ毛が伸びるので、自然にマスカラがとても塗りやすくなります。

 

ラティースの使用方法

 

毎晩眠る前に1滴、まつ毛に塗るだけです。ラティースは毎回新しいブラシを出して左右とも使うので、清潔に使えるのが魅力です。丁寧にクレンジングしても取りきれない汚れはあるから、常にキレイなブラシを使えるのはとても良い点です。

 

ブラシは一見硬そうに見えるものの、思ったほどチクチクした刺激はありません。

 

ラティースの副作用

 

ただし、ラティースを使用している約4%の人に目の赤みやかゆみを感じることがあるそうです。基本的には安全ですが人によっては副作用が現れる場合があるので、あまりにひどい症状が現れた場合は医師の診断を受けて下さい。確率としては4%とわずかで、医薬品として安全性は確認されているので問題ない場合がほとんどです。

 

※備考※

 

外国の商品は日本人には合わないのでは…と心配される方もいるかもしれませんが、大丈夫です。ラティースはアメリカ製ですが、臨床試験では、ラティースを使用してから16週目までに効果が出た人は、アジア人で72%だったんです。
安全面についても、白人と全く同じで問題はありませんでした。また、目元が引っ張られるような感じで、なぜか自然な二重が続くようになる人もいらっしゃるようです。

 

ラティースを使用すると、少なからず目元のお肌が引っ張られるような感覚があります。